新見公立大学看護学部看護学科

看護師の資格をとるまでの道のり

看護師を目指す!岡山県求人情報

岡山で看護師になるための学校&求人情報サイト

看護師資格を取得するためには、いくつかの方法があります。
また、看護学校や看護大学を選ぶにしても、学校選びには時間と労力を要するもの。このサイトでは、これから看護師の資格を取得しようと考えている方へ、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。
あわせて、就職後の新人心得や、看護師の向き不向きについても記載しているので参考にして欲しいと思います。


専門的な知識だけでなく、人間力を養うことにも力を注ぐ、新見公立大学看護学部看護学科の入試要項などを紹介します。

地域推薦枠がある新見公立大学看護学部看護学科

新見公立大学看護学部看護学科のイメージ写真

岡山県新見市にある新見公立大学看護学部看護学科には、保健医療に関わるレベルの高い看護専門職教育だけでなく、看護師としての人間力も養うカリキュラムがあります。

卒業後は病院などの医療機関だけでなく、一般企業や行政機関への就職、大学院などに進学するなど、幅広い選択肢があります。
新見公立大学看護学部看護学科の特徴として、推薦入試では地域推薦枠があることです。新見公立大学がある新見市内の高等学校を卒業、または新見市内住所がある人は、こちらの推薦枠で受けることができるのです。
また平日ならいつでも学校見学(オープンキャンパス)することができますから、新見公立大学が気になる方は気軽に見学してみるといいでしょう。

クローバーのアイコン主な就職先
・川崎医科大学附属病院
・倉敷中央病院
・岡山大学病院
・岡山医療センター
・大阪大学医学部附属病院
・日本医科大学付属病院
など
クローバーのアイコン主な学費
・入学金…282,000円
・授業料…486,000円(年間)
・実習教材費等…74,000円(年間)
・後援会入会金…10,000円
・後援会費…20,000円(前期・後期合計)

若葉のアイコン新見公立大学看護学部看護学科入試概要

クローバーのアイコン入学試験

出願資格 試験科目
推薦入試 ・高等学校または中等教育学校を卒業見込みの生徒
【地域優先枠】
・新見市内の高等学校を卒業見込みの生徒
・本人または保護者が岡山県新見市内に住所があり入学後も引き続き住所を持つ見込みのある者で、新見市以外の高等学校または中等教育学校を卒業見込みの生徒

※上記の項目のどちらかに該当する者
・小論文
・面接
一般入試(前期) ・高等学校または中等教育学校を卒業、または見込みの生徒
・通常課程で12年の学校教育を受けた、または見込みの生徒
・専修学校の高等課程で指定の項目を修了または修了見込みの生徒
・文部科学大臣が指定した生徒
・高等学校卒業程度認定試験に合格した生徒
・指定した在学教育施設の課程を修了または見込みの生徒
・当校において高等学校卒業と同等以上の学力があると認められる生徒
・その他
・大学入試センター試験
・小論文
・面接
一般入試(後記) 前期と同じ ・大学入試センター試験
・面接
クローバーのアイコン予定募集定員と2012年度合格者数
・予定募集定員…60名
推薦入試…20名【30名志願(30名受験)、20名合格(20名入学)】
一般入試(前期)…35名【132名志願(105名受験)、42名合格(36名入学)】
一般入試(後期)…5名【193名志願(54名受験)、11名合格(8名入学)】
クローバーのアイコン受験料(入学検定料)
・一律17,000円
クローバーのアイコン必要書類
・入学志願票
・写真2枚(4㎝×3㎝)
・受験票
・推薦書(推薦入試)
・高校の調査書、卒業証明書またはそれに代わるもの
・入学検定料
・住民票(地域優先枠)