岡山県の看護学校・看護大学で学べ

看護師の資格をとるまでの道のり

看護師を目指す!岡山県求人情報

岡山で看護師になるための学校&求人情報サイト

看護師資格を取得するためには、いくつかの方法があります。
また、看護学校や看護大学を選ぶにしても、学校選びには時間と労力を要するもの。このサイトでは、これから看護師の資格を取得しようと考えている方へ、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。
あわせて、就職後の新人心得や、看護師の向き不向きについても記載しているので参考にして欲しいと思います。


岡山県で看護師になるためには、大きく分けると6通りの道があります。
ここでは、岡山県内で看護学校・看護大学を選ぶ際のポイントを紹介していきます。

岡山県の看護学校・看護大学の選び方

中卒で衛生看護科のある高等学校に進む道と准看護師専門学校・養成所に進む道の2通り。
高卒なら看護学校に進む道、大学に進む道、短期大学に進む道の3通り。
あとは社会人経験を経て看護学校・看護大学(短大を含む)に進む方法です。

どの方法が一番ベストなのかは一概には言えず、どのルートを進むかは個人の「生活環境、経済状態、考え方」によって検討してみましょう。
それが決まったら、今度はどこの看護学校・看護大学に入学するのかを決めなければいけませんので、将来どのような看護師になりたいのかビジョンをしっかり持ち、選択することが大切です。

若葉のアイコン看護学校を選ぶポイント

①看護師国家試験の合格率
授業を受ける女性のイメージ写真まずは、名実ともに看護師として働くためには国家試験に合格しなければいけません。
国家試験の合格率は例年90%前後とかなり高い確率になりますが、それでも10人に1人は不合格となっています。
そのため、より合格率が高い学校を選ぶのもポイントのひとつ。
看護師の資格さえ取得すれば、たとえ学校卒業後に就職先が決まらなくても看護師だけの求人を扱っている、「看護師専門転職サイト」などがありますので、比較的簡単に希望の病院へ就職することも可能です。
(※ちなみに、看護大学へ進学した方の合格率が最も高いです。)
②就職先、就職率
将来自分がどんな病院、または施設で働きたいのか、そのビジョンがあるならば、卒業生の就職先で選ぶのも手です。
特に病院の附属看護学校であれば、卒業後はその病院に勤務できるといって間違いないでしょう。
(※岡山県の病院に就職したいなら、岡山県内の看護学校に入学したほうが就職しやすくなる傾向にあります。)
③将来の看護師像
将来、自分がどんな看護師になりたいのか、ビジョンをしっかり持っていれば、おのずと進む学校が決まってきます。
専門的な知識のある看護師になりたい、学校の保健の先生になりたい、保健師になりたいなどいろいろあるでしょうから、専門性のある授業を取り入れているのか、あるいは卒業生が自分の目指す進路(職業)に就いているのかで決めてもよいでしょう。
④学費で選ぶ
看護学校へ通う際、学費がネックになる人もいるかもしれません。
そのため、「できるだけ学費の安いところを選ぶ」という方法もあります。
看護学校によっては独自の奨学金制度がありますので、奨学金の有無で選ぶのも方法のひとつ。
(※病院の附属看護学校なら、その病院に就職し既定の期間働けば奨学金の返納が免除されるところもあります。)