医療における新人心得

看護師の資格をとるまでの道のり

看護師を目指す!岡山県求人情報

岡山で看護師になるための学校&求人情報サイト

看護師資格を取得するためには、いくつかの方法があります。
また、看護学校や看護大学を選ぶにしても、学校選びには時間と労力を要するもの。このサイトでは、これから看護師の資格を取得しようと考えている方へ、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。
あわせて、就職後の新人心得や、看護師の向き不向きについても記載しているので参考にして欲しいと思います。


覚えるのではなく、体に叩き込んで欲しい、未来の看護師に贈る「新人心得」です。

覚えておきたい新人心得を伝授!

新人ナースのイメージ写真これから看護師を目指す人、看護師として勤務を始める人ならば、いろいろな夢や希望、目標を持っていることでしょう。

その目標は、「患者さんの気持ちがわかる看護師」「専門知識のある看護師」など、人それぞれなのですが、実際に病院で勤務し始めると「こんなはずじゃなかった」とか、「もう仕事が嫌になった」と思う方が少なくありません。
それだけ看護師の仕事は精神的にも肉体的にもハードだということなのです。

その看護師の仕事を続けていくためには、新人の時からしっかりとした心構えが必要となります。ここでは、看護師のみならず、これから医療関係の仕事を始めようとする方へ、新人心得を伝授していきます。いずれも社会人として、医療現場では当たり前のことばかりですので、しっかりと肝に銘じてください。
星のアイコン10の新人心得

①礼儀・言葉遣いには気をつけるべし

②先輩・同僚と人間関係を良好にするべし

③患者さんに元気と勇気を与える岡山桃太郎であれ

④看護師は命を扱う仕事という意識を忘れるな

⑤仕事人間にはならずプライベートも充実させよ

⑥疲れたら休息も患者さんのためである

⑦最後まで責任を持って仕事をすべし

⑧医療の道の終わりなし、大いに勉強すべし

⑨早め早めに行動すべし

⑩常に患者さんありき、という意識で

若葉のアイコン新人心得の概要

上記の『10の新人心得』は、当たり前のことでも、なかなか一朝一夕にできないものもあります。覚えきれないという方もいるかもしれませんが、正直言って新人心得は覚えるという考え方では失格です。
覚えるものではなく、現場で働くなかで、自然とその行動をとっているものばかりなのです。

◎先輩や同僚などのスタッフとは仲良く
病院内には先輩看護師、看護師長、医師、その他にもいろいろな人が働いています。特に女性が多い職場ですから、一度関係がこじれるとなかなか修復が難しくなります。関係が悪化していると、患者さんの情報までもが連絡不足になりがちです。逆に関係を良好に保っていれば、いろいろと勉強になることもあります。
仲良くするためには礼儀ある言動を心がけるべきですし、プライベートでも楽しく行動すればいいですね。仲良くなれば不要な感情はなくなり、素直に患者さんありきで仕事ができるでしょう。また、体調を崩した時でも、休みを代わってもらえる可能性があります。
◎新人だから…という意識はなくしましょう
新人だからある程度の失敗は許されるというケースはありますが、命を扱う現場において失敗は許されません。
そのため、新人だからという意識はなくすことです。もちろん、先輩看護師より知識や技術、経験も少ないのですから戸惑うこともあるでしょう。
それを少しでも補うためには、早め早めの行動が必要ですし、人任せにせず最後まで責任を持つことも大切。また、早く仕事を覚えるためにも、常に勉強は欠かせないでしょう。患者さんにとっては、どんな人でも一人前の看護師なのです。
◎体調管理も大切な仕事
命を扱う仕事。その仕事内容そのものが精神的、肉体的にも負担の多い看護師。
疲れがたまっていると、どうしても集中力が低下し、医療ミスを犯してしまう危険性も増してきます。つらくてもがんばる、ということは決して良いことではありません。疲れたら休息を取るのも看護師の大切な仕事なのです。
ですから、休みの日は仕事のことを忘れて遊ぶ、楽しむことが大切。それにより心身ともにリフレッシュできますし、楽しかったことは患者さんとの会話にも役立ちます。